インテリアパース

インテリアパース

ワイヤーフレームを理解しているかたは、そのプロセスを利用して色々なインテリアパースに応用でき、基本的な1消点平行透視図法といえます。

少しレベルを上げて、現実的な空間でフレームとパースを描けるようにするポイントとして、スピードを上げて淡々と機械的に描けるようになることです。

それから、スケッチ的なパースを描くためには鉛筆やペンに慣れることから始まり、タッチを利かせた線が必要なのですが、製図のように精度のある線はパースには向いてないです。

どんな場合でも、場合でも細かい寸法に捉われず、機械的に線を描き、少しはみ出したくらいは気にせず黙々と描くと良いと思います。

仕上げるときは、パースを描くために設けた線や点は不要ですので、その都度消しておくと、あと後楽に作図ができます。

目の高さを表す水平線と消点は、最後の最後まで必要になりますので、間違えて一生に消してしまわないように注意して下さい。

強調したい場合は2消点

A3の用紙をよこにして、用紙の中間点に水平線を引き、紙の両端に消点を設け、この2つの消点を使用すると、リビングやキッチンなどのコーナーを強調して描くことができます。

用紙の中央に水平線と交わるように線を垂直に引いて、交わる点より下に数センチのポイントを印します。

それは、目の高さを床から1.5メートルとした時の50分の1の長さだからです。 例えば、天井の高さが2.5メートルあるとしたら、交点より上に50分の1で2センチの位置を印し、底辺から天井までの2.5メートルを得られます。

壁に表現されるパースラインは、垂直線をさかいにして、各左右反対側の消点から引き、窓の高さなどは、50分の1の縮尺を持つ中央の垂直線からもとめることで、正しく補うことができます。

建築パースの場合は、プラスマイナス10cmくらいの長さの違いを見込んで、0.8から1.2mは1メートルとして作成すると良いと思います。
どのような図法にも言えることですが、スタンディングポイント(立つ位置)とアイレベル、またどの方向かでアングルが変わり、決まります。

描こうとするパースは何を表現するのか、その目的によってアングルも変わってきます。